健診結果の見方

生活習慣病予防健診結果通知票の見方

健診項目




参考基準値検査で分かること


問診自覚症状・家族歴・既往歴・服薬治療中の病気の有無・喫煙の有無など質問をもとにした医師の予備的健診
計測身長・体重体重が昨年と比べて変化したかに注目!急な増減は要注意
BMI18.5~25未満
(標準は22)
肥満かどうかを判定する
求め方 = 体重(  ) kg ÷ 身長(  ) m ÷ 身長(  ) m
腹囲男性:85cm未満
女性:90cm未満
内臓脂肪の蓄積の程度を知る
視力裸眼視力0.8~1.2近視、遠視、乱視など目の働きの度合いを調べる
聴力20dB以下難聴の有無や程度を知る
最高血圧
(収縮期)
90~139mmHg心臓が収縮または拡張した時に血管壁にある血流の強さを表す。
循環器(心臓・血管)の異常のほか腎臓・内分泌・代謝系の異常を知る手がかりになる。
特定保健指導の判定値は最高血圧130mmHg未満、最低血圧85mmHg未満
最低血圧
(拡張期)
90mmHg未満

総コレステロール140~199mg/dlホルモンや細胞膜の材料になる。多すぎると動脈硬化を起こす原因に
中性脂肪150mg/dl未満糖分(主食・アルコール・甘いもの)のとりすぎや運動不足で増える。
悪玉のLDLコレステロールを増やし、動脈硬化を進める
HDLコレステロール40mg/dl以上血管にたまった悪玉コレステロールを肝臓に持ち帰る働きがあるので、善玉コレステロールといわれる
LDLコレステロール120mg/dl未満血管の壁に蓄積し、動脈硬化を起こし脳梗塞や心臓病の原因になるので悪玉コレステロールといわれる


GOT(AST)35U/l以下肝細胞に多く含まれる酵素。
肝臓に障害が起こると血液中に流れ出し値が高くなる。
特に「γ-GTP」はアルコール性肝障害で数値が高くなる。
なお、GOT(AST)は心筋にも多く含まれる。
GPT(ALT)
γ-GTP(γーGT)55U/l以下
ALP340lU未満高値は胆汁の排泄に障害の疑い


空腹時血糖110mg/dl未満血液中に存在する糖質の値を見る。高値は糖尿病の疑い。
食事の影響が強いため空腹時に検査をする。特定保健指導の判定値は100mg/dl未満
ヘモグロビンA1c5.5%未満過去1~2ヶ月の血糖の平均値、高値は糖尿病の疑い。特定保健指導の判定値は5.2%未満
尿糖(半定量)(-)尿中の糖の有無を見る、血糖値が高い時に増えることがある。
尿酸7.0mg/dl以下プリン体代謝の最終産物。高くなると痛風、尿路結石の原因に



Ht(ヘマトクリット)男 38.0~48.9%血液全体に占める赤血球の割合。少ないと貧血の疑い
女 34.0~43.9%
Hb(ヘモグロビン)男 13.0~16.6g/dl赤血球のなかの物質で酸素を運ぶ働きをしている。少ないと鉄欠乏性貧血の疑い
女 11.4~14.6g/dl
赤血球数男 400~539(×104/mm3)肺で取り入れた酸素を全身に運び、不要になった二酸化炭素を回収して肺に送る役目をする。
多いと多血症、少ないと貧血の疑い
女 360~489(×104/mm3)
白血球数33~89(×102/mm3)からだに進入してきた細菌・ウイルス・異物・有害物質をとらえ、排泄したり殺したりする。
高値は感染症の疑い。非常に高い、あるいは低い値は血液の病気の疑い
尿



尿蛋白(半定量)(-)尿中の蛋白の有無をみる。腎炎・起立性蛋白尿でも陽性に
尿潜血(-)尿中に混じるごく微量の血液の有無をみる。腎炎・尿道炎・尿管結石などで陽性に
血清クレアチニン男 1.1(mg/dl)以下腎機能の状態をみる。高いと腎機能障害の疑い
女 0.8(mg/dl)以下


胸部X線肺の病気の有無・心臓の大きさ・大血管の大きさをみる
心電図心臓の状態をチェックする。不整脈・心肥大・狭心症・心筋梗塞等をみる
胃部X線・内視鏡食道。胃・十二指腸の病気をみる
便潜血反応検査便中の血液の有無をみて消化器官出血の有無を調べる
腹部超音波肝臓・胆のう・すい臓・肝臓などの様子をみる
眼底検査網膜の血管の状態をみる。目の病気のほかに高血圧、動脈硬化、糖尿病による病変をみる