定期健康診断

従業員(職員)の方々の健康状態を良好に保つためには、健康診断を定期的(年1回)に受診し、さらに健康診断の結果に基づく健康管理や、その保持増進を自らが積極的に行うことが大切です。
それは、単に個人の健康保持のみでなく、明るく生き生きとした職場環境づくりにもつながります。
(胸部検診車による巡回健診も行っています。)

項 目・既往歴および業務歴の調査
・自覚症状および他覚症状の有無の検査
・身長、体重、腹囲、血圧、視力、聴力の検査
・胸部レントゲン
・尿検査(糖、蛋白)
・貧血検査(血色素量、赤血球数)
・血中脂質検査 (LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)
・肝機能検査(GOP、GPT、r-GTP)
・血糖検査(空腹時)
・心電図検査