‘スタッフ日誌’

カラオケ じゃんけんぽん

2019-03-22

デイサービスじゃんけんぽんでは、カラオケ機器をリニューアル致しました。

カラオケボックスと同じ機能が満載です。

毎月新しい歌が入ってくるので、今から楽しみです(^^)

 

利用者様が楽しく、快適に過ごせるように今後も努めていきます。

デイサービス管理者

本日の華

2019-03-20

 
花材
・金葉
・アイリス
・菜の花
・スイトピー
・ミリオン

花態は盛花の右盛体にいけています。
淡い色の中に紫色のアイリスがよく映えてますね(^o^)
花が咲いたらさらに雰囲気が変わりそうですね☆
楽しみです♪♪

カンファレンスに参加してきました

2019-03-18

3月4日、感染防止対策地域連携カンファレンスに出席してきました。

参加施設は、前回の報告時より増え、岡山赤十字病院中心に8病院が集まりました。

今回の内容は、各施設の経口抗菌薬の系統別処方割合に関するデータの発表と、講演会が行われました。

まず、経口抗菌薬の系統別処方割合に関するデータは、当院からは薬剤師が発表を行いました。

今、国からは薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが出され、薬剤耐性菌の減少・抗菌薬の適正使用などに向けた様々な取り組みがなされています。

今回の経口抗菌薬の系統別処方割合に関するデータは、各施設背景が異なるので純粋な比較は出来ませんが、各施設の抗菌薬の適正使用に向けた取り組みを知ることが出来ました。

次は、箕面市立病院 チーム医療推進部 ICN 四宮 聡先生より、「抗菌薬適正使用と感染制御活動 ~中規模病院での取り組み~」と題した講演会がありました。

いろいろと参考となる講演内容で、その中でも、今や感染対策は自施設のみでは不十分で連携関連する病院や施設等の地域医療圏全体で取り組まなければならない、院内での感染対策において、手指衛生が最も重要である事に変わりはないが、感染症を有するヒトの周りには、今まで考えられてきた以上に広範囲に細菌が存在する事が分かり、より確実な環境整備・清掃が必要であることを教えられました。

今回のカンファレンスで得た様々な情報や知識を、今後の院内感染予防対策に活かせるよう、また、地域、関連施設とも連携した感染対策を行えるような努力をしていきたいです。

本日の華

2019-03-14

 
花材
・サクラ
・貝母(ばいも)
・シャガ
・菜の花
・つつじ

嵯峨御流の『嵐峡(らんきょう)の景』です。
三勝の景の一つで春の保津川の清流の美しさをいけ表していくものです。
手前の堤から川を隔てて対岸に咲き匂う嵐山の桜の景観とその足元の清流の美しさを
古木や形のよい枝・岩を配して表現しています。

胡蝶蘭が咲きました!!

2019-03-13

昨年40周年記念でいただいた胡蝶蘭を片付けようかな・・・と思っていたところ、先生よりまだ咲くよと聞き、育ててみました。

はじめは葉っぱが次々とでてきて成長していましたが、年末頃から茎みたいなものがニョキニョキでてきて、ついに今週の日曜日に咲きました!!1年間育ててきましたが、職場に緑のものがあるもの癒しになっていましたが、花が咲くとさらに嬉しいです♪♪

このまま観察していこうと思います●^^●

 

褥瘡学会

2019-03-11

2019年日本褥瘡学会公認中国四国地方会教育セミナーに参加しました。

午前8:00に国定病院を出発し、11:00にお好み村で

お好み焼きを食べました。

昼食を食べ終え、広島市中区民文化センターへ12:00に着きました。

講演を聞きながら、この場合こうすれば良いのか、今このような事も見ているのか

など多くのことを学ぶことが出来ました。

日々、多忙の中考える機会ができて、よかったと思います。

院内研修会

2019-03-08

身体拘束について考えるというテーマで研修会を行いました。

身体拘束とは、緊急やむを得ない場合に、一時的に患者様の身体を拘束し

運動を抑制することを指します。

例えば皮膚を掻きむしらないよう手にミトンをつけたり、車椅子から転落しないよう

抑制帯をつけることを言います。実際にスタッフも使用してみました。

 

使用した感想を聞くと、制限されると余計に身体を動かしたくなる、蒸れてしまう

自由に身体を動かせないのは窮屈だと言ったマイナスな意見が多かったです。

身体拘束を無くしていけるよう理解を深め、患者様の気持ちに寄り添った治療が

できるよう努めてていきます。

チューリップ

2019-03-07

みなさんこんにちは!いかがお過ごしでしょうか?

少しずつ日が沈むのも遅くなり、あたたかくなってきましたね♪

今日は、患者様に頂いたチューリップをご紹介させていただきます。

このチューリップは患者様が作ってくださった造花になります。色とりどりでとても綺麗ですね!赤や黄色、紫色もありますよ!

チューリップの花を見ると、春が来たなぁと感じますね(^^)♪

玄関を入ってすぐの待合のところに飾らせていただきました。

来院された際には、ぜひご覧ください!

ひなまつり

2019-03-06

お久しぶりです(^O^)療養病棟です。

朝晩の寒さも少しずつ和らいで、
昼間も暖かさを感じるようになってきましたね

春!新しい季節はやはり嬉しいものです♪

3月に入り、ひな祭りということで
患者様と写真撮影会をしました

ひな祭りの起源は季節の節目や変わり目に
災難や厄から身を守り、よりよい幕開けを願うための
節句が始まりとされているそうです。

昔は、今とすこし違う行事だったようです、、、!
それでも、昔も今も大切な人の健康を願う日ということには
変わりないのかもしれませんね。

 
※個人情報のため、お顔はイメージです。
 絵が下手ですね。すいません(T_T)

そして、楽しみなひな祭り御膳??
ちらし寿司も色鮮やかで美味しそう、、、!
患者様にも『美味しい!』と高評価でした(^O^)

さて、、、
ひな祭りの次は楽しみなお花見です!
それまで、風邪と花粉症に気をつけて本格的な
春を楽しみに待ちたいと思います☆

みなさんも、季節の変わり目なので
体調には十分お気をつけくださいね!!

ストレスと上手につき合いましょッ!

2019-03-05

2月ももう終わり。この冬はことのほか寒暖差が激しかったですね。皆さん、気温のアップダウンに翻弄されるがままにならないように、衣服等で調節して上手く乗り切ってこられたことでしょう。

ところで、寒暖差なんていうものも、もちろん、いわゆる「ストレス」です。生きていればストレスはつきもの、ストレスがあることが生きている証拠と言ってもいいくらいですよね。だったら、ストレスと上手につき合いたいと思いませんか?

ストレスと上手につき合うポイントの一つとなるのが「コーピング」と言われるもので、「対処法」です。「スポーツ観戦」「音楽を聴く」「旅行」「釣り」「ドライブ」・・・のような趣味の域から、「おしゃべりする」「飼い猫と遊ぶ」「土に触れる」「空を見上げる」「深呼吸する」・・・といった割と身近にすぐにできることまで、あなたの好きな活動であれば何でも「コーピング」となります。
大切なのは、①自分自身の「コーピング」をちゃんと把握していて、②ストレスにさらされてちょっとよくない状態、そう、黄信号くらいになったらすぐに気づいて、③「コーピング」をどんどん使って、うま~くストレスとつき合うことです。さらに、もう一つ加えるなら、そんな「コーピング」を少しずつでも増やすことができれば、あなたのストレス対応力はめきめきアップして健康度が上がること間違いなしでしょう!

あと1ヶ月もすると桜の季節ですね。皆さん、衣服を調節するかのごとく、上手く「コーピング」を使って、ストレスと上手につき合いながら、穏やかな春を迎えてくださいね。

                                                                                                                             臨床心理科

                       

« 古いメッセージ