‘スタッフ日誌’

本日の華

2018-08-16

 
花材・・・檜扇(ヒオウギ)

京都では、7月に開催される祇園祭のお花です。
檜扇は、アヤメ科の植物で、扇を開いたような葉の姿が特徴です。
古代、檜扇は悪霊退散に用いられたことから、怨霊の怒りを鎮めるために始められた祇園祭には特に“祭花”として檜扇が欠かせないものとされてきました。夏に橙色や黄色の花を咲かせるこの花は、お祭りの風物の一つとしてよく民家の軒先などに飾られていたそうです。
祇園では6/29~7/24の間、4期にわけて「~2018檜扇展示会~」が開催されました。
会期中、京都いけばな協会に所属する流派が、檜扇と祇園祭をテーマにした「いけばな」を展示します。

土用の丑の日

2018-08-13

暑い日が続きますね。

病院では夏バテ対策として、「鰻」がメインの献立を考えました。

副菜には、トマトやきゅうりなど夏野菜をたくさん取り入れてみました。

メニュー

・ひつまぶし ・トマト煮 ・さっぱりレモン和え

・お吸い物 ・ロールケーキ

チラシも作って掲示しました。

まだまだこれから暑い日が続きますが、

栄養満点の鰻を食べて夏を乗り切りましょう!!

 

グリーンカーテン♪

2018-08-08

毎日暑い日が続きますね!!

今回は国定病院玄関横にグリーンカーテンとして頑張って育ってくれているゴーヤを紹介します!!

こんなにツルを伸ばしてくれています(*^_^*)

?

右の写真はゴーヤも写っているのですが見つけれますか??

「ゴーヤ」とは、熱帯アジア原産のツル性のウリ科植物のこと。
なんといっても沖縄野菜の代表格。
ビタミンCが豊富なことから、沖縄では夏バテ解消に利用される代表的な野菜のひとつです。
高温多湿の気温に適しているため、沖縄では昔からよく栽培されていたそうです♪ 最近では身近な野菜になっていますよね(*^。^*)

ゴーヤーの特徴は、なんといってもそのビタミンCの豊富さ。 他の野菜や果物などに比べて2~5倍も多いようです!!

収穫したゴーヤ。

もうしばらく活躍してもらうグリーンカーテン!ゴーヤに声援をお願いします!!

 

本日の華

2018-08-07

 
花材
・ニューサイラン
・ラン

今回の生け方は、「三才格(さんさいかく)」の応用です。

『三才格』調べてみました(◎o◎)
天を現す円と地を現す方形とによって割り出された、二等辺三角形の鱗を上・中・下の三段に分け、上部の高き枝を天の位として「体」と名付け、下部の低い枝を地の位として「留」と名付け、この体と留との中間の枝を人の位として「用」と名付け、これを一瓶の花として応用し、「体・用・留」という三才の格を作るのが三才格です。
日本的な生け花というと、さりげなく入れた茶花をイメージする方が多いですが、この二等辺三角形が「格花」と呼ばれ、床の間に飾るのにふさわしい花とされています。

新しいお人形紹介

2018-08-06

待合に来た新しいお人形を紹介します!

タイトルは「久遠の光」

久遠(くおん)とは、仏語で長く久しいこと、永遠という意味です。

見るだけで心が洗われるような気がします。

お越しになった際には、ぜひご覧ください!

NST研修会に参加して

2018-08-03

国定病院薬剤師のSです。

先月に5日間、NST実地研修に行ってきました。

 

NST(Nutrition Support Team)とは、患者さんの栄養が適切に管理されるよう、

職種を超えて一丸となってアプローチするチーム活動です。

NSTはアメリカのシカゴで始まった活動で、日本でも広がり始めて

すでにかなりの歳月が過ぎています。

 

当院も例外ではなく、週に一回NST回診、カンファレンスを行っています。

当院の場合、規模は小さいですが専門性の高い職種、スタッフが

メンバーとして活動しており、栄養管理の立場から、薬剤の立場から、

臨床検査の立場から、看護の立場から、そして医師の立場から

総合的に患者さんの栄養改善に取り組んでいます。

 

研修は下記の内容でした。様々な職種の講義、実習があり知識を深めることができました。

?医師・歯科医師・管理栄養士・薬剤師・看護師・臨床検査技師・理学療法士による講義

調剤見学

栄養アセスメントの実技

口腔ケア実習

NSTカンファレンス、回診に参加

?摂食・嚥下訓練、回診に参加

?症例報告用紙の作成・発表

 

 

今回の研修で学んだことを生かして、当院のNSTをより充実したものにしていきたいです。

 

本日の華

2018-07-31

 
花材
・コバナズイナ
・ユリ
・小菊
・ヒマワリ

今回は嵯峨御流の伝承花の『瓶花』です。
瓶花は、主体となる花材の特質を生かし、瓶との調和を図りながら、自然の枝ぶりの美しさを
簡潔にいけ表すものです。
青々とした葉に花の白色と黄色が映えてキレイです♪♪♪

じゃんけんでバイオリン

2018-07-30

7/24 じゃんけんでバイオリンの演奏がありました。

地域のボランティアの方で、全13曲を弾いていただきました!

利用者さんも知っている歌もあり、口づさんでいる方もおられました。

誕生日月の方へのバースデー曲もあり、和やかな時間を過ごすことができました^●^

すてきな演奏をありがとうございました。

浜中夏まつり

2018-07-27

7月21日(土)浜中夏まつりが開催されました。

当院は毎年、カキ氷を販売しています。

今年は例年を上回る暑さでしたが、みんなで頑張って売りました!

イチゴとレモンのカキ氷を販売しました。

定番のイチゴの練乳がけが一番人気でした!

お祭りでは地域の方がフラダンスを踊っておられました。

華やかな衣装と緩やかなダンスに魅了されました!

またカラオケ大会では、毎年当院のSさんが出場して歌ってくれます。

毎年「神田川」を歌っていましたが、今年は新曲を歌いました!

さだまさしの「関白宣言」

素敵な歌声でした。来年も楽しみです!

歌に踊りにとても楽しいお祭りでした。

皆様、来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

災害ボランティア

2018-07-26

はじめに

この度の西日本豪雨により亡くなられた方々へのご冥福をお祈りすると共に、被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

この7月はリハビリテーション科の当番です。

先日、岡山県理学療法士会からの要請もあり、JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)にて災害ボランティア活動に行ってきました。

JRAT本部は倉敷リハビリテーション病院に設置され、そこでのミーティングの後、避難場所へ行っての活動となります。

私が派遣されたのは倉敷市真備町薗小学校とぶどうの家という公民館です。そこには約300名の方が避難されているとお聞きしました。

活動内容としましては、避難者への個別のリハビリ対応ではなく、不活による廃用に対する集団体操や避難所内のトイレや段ボールベッド周辺の転倒危険箇所のチェックなどを行ってきました。

様々なボランティア支援団体の方がおられ、その方々との調整、情報交換がとても重要と感じました。その中でリーダーが招集されての会議が開かれており、その会議に参加した時に地域の主婦ボランティアさんが仰言ったことにハッとすることがありました。

 

「災害ボランティアに来てもらえて今はとても助かっています。しかし、時期が来れば皆様(ボランティア団体)はここから出ていってしまう方々なので、皆様がいる間に私達(地域住民の方々)に出来ることを今のうちに教えておいてほしい」

 

支援することばかり考えていた自分には驚きの発言でした。いつまでも支援が出来るわけでもないので、地域の方にしていただけることは出来るだけ行ってもらえるように、支援方法を指導していくことも大切なのだと感じました。

とはいえ、まだまだ支援する人の手はたくさん必要です。今後の出来ることは行っていきたいと考えております。

 

皆様も何か思う所があれば、どのような支援方法があるのかを考えてみてください。

 

がんばろう!西日本!

 

がんばろう!!岡山!!

« 古いメッセージ 新しいメッセージ »